大阪の美容外科クリニックでしわ治療

30歳でできたしわが人と話すのも怖い程のコンプレックスに

30歳でできたしわが人と話すのも怖い程のコンプレックスに / 元々は肌トラブルとは無縁だった / 大阪のクリニックでしわ治療を受けた

かつての私の大きな悩みは、顔のしわでした。
当時30歳を過ぎたばかりだというのに、私の顔には深いしわが刻まれていたのです。
鏡を見る度に目に入って来るしわは、どんどん私の心を消耗させていきました。
人と接することが怖くなってしまい、相手がしわを見て不快に感じているのではないか、醜いと思っているのではないかと考えてしまうと、人と話すことすら恐怖になっていったのです。
今になってその当時のことを冷静に振り返ると、誰も私の顔のことなんて気にしていない、自意識過剰だと思えるのですが、あの頃の私は1日24時間ほとんどしわのことばかり考えていたといっても過言ではないほど、頭の中を占めていました。
なぜそこまで考えてしまっていたのかというと、それまでの私は肌のことで悩んだ経験がなかったことが大きな原因の1つだと思えるのです。
10〜20代の頃は肌に悩みがなく、むしろ人から褒められることがあるほどでした。
思春期の頃もニキビに悩まされたことがなく、私はずっと自分の肌は丈夫で強いと思っていました。
真っ赤なニキビに悩んでいる友人を見ると心の中でかわいそうだと思う、嫌な人間だったかもしれません。
友人からニキビがなくてうらやましいと言われると、口ではそんなことないと言いながら、内心では本当に良かったと思っていたのです。

しわ治療 大阪シワ・たるみ大阪の美容外科